コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイニン省(読み)タイニン(英語表記)Tay Ninh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイニン〔省〕
タイニン
Tay Ninh

ベトナム南部の省。省都ホーチミン市が兼ねる。北と西はカンボジアと国境を接する。省都の北方に花崗岩の残丘バデン山 (986m) があるほかは,ほぼ全域が標高 100m以下の低地から成り,南シナ海に注ぐサイゴン川,バムコドン川などによって集水される。フランス統治時代にゴムのプランテーションの開発が進み,省の中央部から東のソンベ省にかけてベトナム最大のゴム栽培地帯が広がる。ほかにサトウキビ,イネ,ココヤシなどが栽培される。住民には新興宗教カオダイ教の信者が多く,タイニン市にはその本部がある。面積 4027km2。人口 82万 7000 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android