コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイニン省 タイニンTay Ninh

1件 の用語解説(タイニン省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイニン〔省〕
タイニン
Tay Ninh

ベトナム南部の省。省都はホーチミン市が兼ねる。北と西はカンボジアと国境を接する。省都の北方に花崗岩の残丘バデン山 (986m) があるほかは,ほぼ全域が標高 100m以下の低地から成り,南シナ海に注ぐサイゴン川,バムコドン川などによって集水される。フランス統治時代にゴムのプランテーションの開発が進み,省の中央部から東のソンベ省にかけてベトナム最大のゴム栽培地帯が広がる。ほかにサトウキビ,イネ,ココヤシなどが栽培される。住民には新興宗教カオダイ教の信者が多く,タイニン市にはその本部がある。面積 4027km2。人口 82万 7000 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone