タイムアウト法(読み)タイムアウトホウ

デジタル大辞泉の解説

タイムアウト‐ほう〔‐ハフ〕【タイムアウト法】

望ましくない行動を減らすために用いられる行動療法の技法の一つ。人を攻撃するなどの問題行動が起きたとき、一時的にその場から引き離すことで、問題行動を強化する刺激から遠ざける。子供の問題行動への対応策などに用いられる。
怒りの感情を制御するために、その場を離れること。アンガーマネージメントの方法の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android