タイムアウト法(読み)タイムアウトホウ

デジタル大辞泉「タイムアウト法」の解説

タイムアウト‐ほう〔‐ハフ〕【タイムアウト法】

望ましくない行動を減らすために用いられる行動療法技法の一つ。人を攻撃するなどの問題行動が起きたとき、一時的にその場から引き離すことで、問題行動を強化する刺激から遠ざける。子供の問題行動への対応策などに用いられる。
怒りの感情を制御するために、その場を離れること。アンガーマネージメントの方法の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android