タイムアウト法(読み)タイムアウトホウ

デジタル大辞泉「タイムアウト法」の解説

タイムアウト‐ほう〔‐ハフ〕【タイムアウト法】

望ましくない行動を減らすために用いられる行動療法技法の一つ。人を攻撃するなどの問題行動が起きたとき、一時的にその場から引き離すことで、問題行動を強化する刺激から遠ざける。子供の問題行動への対応策などに用いられる。
怒りの感情を制御するために、その場を離れること。アンガーマネージメントの方法の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android