タイムスタンプ(読み)たいむすたんぷ

日本大百科全書(ニッポニカ)「タイムスタンプ」の解説

タイムスタンプ
たいむすたんぷ

自動的に時刻を印字する記録用機械。時計機能と印字記録機能を連動させて、所定の位置に挿し込んだ文書や帳票などのカードに打刻する仕組みになっている。1871年にアメリカのジョン・ウィルソンがタイムレコーダーを発明したが、これを改良したものがタイムスタンプで、1931年(昭和6)に初めて国産のものが天野修一(あまのしゅういち)によってつくられた。現在は手動式にかわりほとんどが電動式で、十進法式と六十進法式(普通時分方式)の2種があり、それぞれ用途に応じて使い分けられている。

[野沢松男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「タイムスタンプ」の解説

タイムスタンプ

作成したファイルフォルダなどに記録されている、そのデータの作成日時のこと。ファイルのデータを変更して保存すると、その時点の日時に更新される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「タイムスタンプ」の解説

タイム‐スタンプ(time stamp)

タイムレコーダー
コンピューターで、ファイルに記録される、作成日時や更新日時などのデータ。
時刻認証

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典「タイムスタンプ」の解説

タイムスタンプ【time stamp】

コンピューターで扱うファイルフォルダーに記録された作成や更新の日時に関するデータ。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android