コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイヤル族 タイヤルぞくTaiyal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイヤル族
タイヤルぞく
Taiyal

台湾先住の一民族で,北部山地に居住する。言語はオーストロネシア語族中のインドネシア語派に属する。人口は推計約8万。焼畑耕作により,粟,陸稲,さつまいもなどを栽培する。社会組織は父系に基づき,夫婦単位の小家族を中心として生活が営まれ,個人主義的傾向が強い。宗教ではオットフと呼ばれる精霊信仰がみられ,病気はこのオットフの仕業とされる。かつては首狩りも行われ,近隣諸民族に大きな脅威を与え,清朝時代には漢民族の侵入も撃退したが,他方内部では 30ほどの下位集団に分れ反目抗争もしていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイヤル族の関連キーワード台湾の先住民選挙ウーライ(烏来)烏来風景特定区サイシヤット族台湾の先住民霧社事件高砂族セミ台北

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android