コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウリスのイフィゲネイア Iphigeneia hē en Taurois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウリスのイフィゲネイア
Iphigeneia hē en Taurois

ギリシアのエウリピデスの悲劇。アガメムノンの娘イフィゲネイアは,ギリシア軍のトロイ遠征の際にアウリス港で女神アルテミスの犠牲に捧げられたが,哀れに思った女神に救われて,タウリスの国の神殿に巫女として仕え,その国の習慣に従って,漂着した外国人を犠牲に捧げる役目を負っている。そこへ弟のオレステスが親友ピュラデスとともに,母殺しの罪を清めるためにアポロンの神託によってアルテミスの神像を取りに来る。2人は捕えられて犠牲になるところを,身元がわかって姉に助けられ,3人で国王をだまし,神像を船に載せ,脱出に成功する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タウリスのイフィゲネイアの関連キーワードギリシアグルック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android