コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タオスラナリィ像 タオスラナリィぞう

1件 の用語解説(タオスラナリィ像の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

タオスラナリィぞう【タオスラナリィ像】

タイの首都バンコク北東約260kmにある、イサーン地方最大の都市ナコンラチャシマ(旧コラート)のチョンポーン門前に建つクン・ヤン・モー女史の像。この女性はラマ3世治下の1826年に副太守の妻だった人で、侵攻してきたラオス軍を巧みに撃退した国民的英雄で、この像は、その英雄的行為を顕彰するために1934年に建てられた。ナコンラチャシマの町のランドマークになっている。◇正式名称は「The Monument Of Thao Suranaree」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タオスラナリィ像の関連キーワードセバン湖バンコクバンコク朝万斛盤谷ヤズルカヤバンコクマラソン吉田磐谷カオサン通り

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone