コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タオスラナリィ像 タオスラナリィぞう

世界の観光地名がわかる事典の解説

タオスラナリィぞう【タオスラナリィ像】

タイの首都バンコク北東約260kmにある、イサーン地方最大の都市ナコンラチャシマ(旧コラート)のチョンポーン門前に建つクン・ヤン・モー女史の像。この女性はラマ3世治下の1826年に副太守の妻だった人で、侵攻してきたラオス軍を巧みに撃退した国民的英雄で、この像は、その英雄的行為を顕彰するために1934年に建てられた。ナコンラチャシマの町のランドマークになっている。◇正式名称は「The Monument Of Thao Suranaree」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

タオスラナリィ像の関連キーワード台風予報(新しい)火山砕屑岩台地ニンガルー-コースト石垣島クレタ[島]大同江超高速鉄道東沙群島ハマーズリー山地ボスニア湾

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android