コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大同江 だいどうこう

8件 の用語解説(大同江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大同江
だいどうこう

「テドン (大同) 江」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいどう‐こう〔‐カウ〕【大同江】

朝鮮民主主義人民共和国の狼林山脈に源を発し、平壌(ピョンヤン)を経て黄海に注ぐ川。全長431キロ。テドンガン

テドン‐ガン【大同江】

だいどうこう(大同江)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大同江【だいどうこう】

朝鮮民主主義人民共和国西部の大河。狼林山脈と妙高山脈の間に発源し,平安南道の北東部から南西へ楽浪準平原を流れて黄海に注ぐ。全長439km,おもな支流は沸流江,南江,載寧江。
→関連項目広梁湾シャーマン号事件順川南浦平壌楽浪郡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいどうこう【大同江 Taedong‐gang】

朝鮮半島北西部の川。狼林山脈主峰の小白山に発し,途中馬灘江,沸流江,普通江,載寧江等大小の支流を合して黄海へ注ぐ。長さ439kmで朝鮮第5位の川である。船舶の可航距離は260kmに及ぶ。1866年,河口から140km地点にある平壌近くまで侵入したアメリカ商船シャーマン号が撃沈される事件が起きた(洋擾(ようじよう))。流域面積は1万6673km2に達し,上流の山岳地帯は森林資源や金,亜鉛等の鉱物資源に富み,楽浪準平原の名で総称される中・下流域は平壌平野,載寧平野等の平野に恵まれ,肥沃な農業地帯となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいどうこう【大同江】

テドンガン【大同江】

朝鮮民主主義人民共和国の中南部を流れる川。狼林ナンニム山脈に源を発し、南西流してピョンヤンを経て黄海に注ぐ。長さ431キロメートル。だいどうこう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大同江
だいどうこう / テドンカン

朝鮮半島北西部、狼林(ろうりん)山脈中の小白山南麓(なんろく)に源を発し、北西流しながら黄海(朝鮮半島では西海とよぶ)に注ぐ川。全長431キロメートル、流域面積2万0135平方キロメートル。永楽で成竜江を右岸に入れ、西南流してから徳川で馬灘(ばたん)江を合流し、南下して北倉で流路を西方にとる。价川(かいせん)から大曲流しながら南流する。江東で沸流(ふつりゅう)江を入れ、平壌東方で南江、西方で普通江をあわせて水量を増し、河口で載寧江と合流して黄海に注ぐ。流域の地質は上流が花崗片麻(かこうへんま)岩、平壌付近が朝鮮系と大同系が交互に露出しており、下流が沖積層である。流域の年降水量は1000ミリメートルで、その58.8%の106億立方メートルは海に流れる。この流域には平南、岐陽の二大灌漑(かんがい)用水があり、約8万平方キロメートルの水田や畑を潤している。大同江にはボラ、コイ、ナマズなどの水産資源も豊富である。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大同江の関連情報