コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大同江 ダイドウコウ

百科事典マイペディアの解説

大同江【だいどうこう】

朝鮮民主主義人民共和国西部の大河。狼林山脈と妙高山脈の間に発源し,平安南道の北東部から南西楽浪準平原を流れて黄海に注ぐ。全長439km,おもな支流は沸流江,南江,載寧江
→関連項目広梁湾シャーマン号事件順川南浦平壌楽浪郡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいどうこう【大同江 Taedong‐gang】

朝鮮半島北西部の川。狼林山脈主峰の小白山に発し,途中馬灘江,沸流江,普通江載寧江等大小の支流を合して黄海へ注ぐ。長さ439kmで朝鮮第5位の川である。船舶の可航距離は260kmに及ぶ。1866年,河口から140km地点にある平壌近くまで侵入したアメリカ商船シャーマン号が撃沈される事件が起きた(洋擾(ようじよう))。流域面積は1万6673km2に達し,上流の山岳地帯は森林資源や金,亜鉛等の鉱物資源に富み,楽浪準平原の名で総称される中・下流域は平壌平野,載寧平野等の平野に恵まれ,肥沃な農業地帯となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいどうこう【大同江】

テドンガン【大同江】

朝鮮民主主義人民共和国の中南部を流れる川。狼林ナンニム山脈に源を発し、南西流してピョンヤンを経て黄海に注ぐ。長さ431キロメートル。だいどうこう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大同江
だいどうこう

テドン(大同)江」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大同江
だいどうこう / テドンカン

朝鮮半島北西部、狼林(ろうりん)山脈中の小白山南麓(なんろく)に源を発し、北西流しながら黄海(朝鮮半島では西海とよぶ)に注ぐ川。全長431キロメートル、流域面積2万0135平方キロメートル。永楽で成竜江を右岸に入れ、西南流してから徳川で馬灘(ばたん)江を合流し、南下して北倉で流路を西方にとる。价川(かいせん)から大曲流しながら南流する。江東で沸流(ふつりゅう)江を入れ、平壌東方で南江、西方で普通江をあわせて水量を増し、河口で載寧江と合流して黄海に注ぐ。流域の地質は上流が花崗片麻(かこうへんま)岩、平壌付近が朝鮮系と大同系が交互に露出しており、下流が沖積層である。流域の年降水量は1000ミリメートルで、その58.8%の106億立方メートルは海に流れる。この流域には平南、岐陽の二大灌漑(かんがい)用水があり、約8万平方キロメートルの水田や畑を潤している。大同江にはボラ、コイ、ナマズなどの水産資源も豊富である。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大同江の関連キーワードピョンヤン(平壌)準平原クアンリャン(広梁)湾サリウォン(沙里院)市朝鮮民主主義人民共和国チェリョン(載寧)郡ランリム(狼林)山脈スンチョン(順川)トクチョン(徳川)テソン(台城)湖ナンポ(南浦)市テソン(大城)山ガマノセガイ平壌準平原清岩里廃寺金灘里遺跡箕子朝鮮テドン川丁卯胡乱秥蝉県碑大同江

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大同江の関連情報