九州新幹線(読み)きゅうしゅうしんかんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九州新幹線
きゅうしゅうしんかんせん

博多と鹿児島中央および博多と長崎を結ぶ九州旅客鉄道(JR九州)の高速幹線鉄道。1970年に成立した全国新幹線鉄道整備法に基づき,1973年に整備新幹線として建設計画が決定した。その後財政の悪化などで計画自体が凍結されたが,1987年に凍結解除。1991年に新八代―鹿児島中央間の建設に着工し,2004年3月に開通した。博多―鹿児島中央間の鹿児島ルートは延長約 257kmで,JR九州初の新幹線「つばめ」が走行し,新八代駅の同一ホームで博多発着の在来特急「リレーつばめ」に接続する。博多―新八代間は 1998年から整備が進み,2011年3月に開業した。これによって鹿児島ルートは全線開通となった。博多と長崎を結ぶ未開業の西九州ルート(長崎ルート)は延長約 148km。博多―新鳥栖間は鹿児島ルートと共用し,新鳥栖―武雄温泉間は在来線を活用,武雄温泉―諫早間は新幹線の新線を走行,諫早―長崎間は在来線を活用する計画だが,未着工の区間もある。建設主体は鉄道建設・運輸施設整備支援機構で,JR九州に貸与されるかたちで運営される。(→新幹線

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

九州新幹線

博多から鹿児島中央までの257キロ。2004年3月に熊本の新八代から鹿児島中央までが、11年3月に博多から新八代までができた。全線開通で山陽新幹線とつながり、5時間はかかっていた新大阪と鹿児島中央が、乗りかえなしで最短3時間45分になった。

(2012-03-08 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうしゅう‐しんかんせん〔キウシウ‐〕【九州新幹線】

九州を走る新幹線博多と鹿児島中央を結ぶ鹿児島ルートは、平成16年(2004)に新八代(しんやつしろ)・鹿児島中央間が部分開通、平成23年(2011)に博多・新八代間が延伸され全線開通した。博多と長崎を結ぶ長崎ルートは未開通。運行列車は「みずほ」「さくら」「つばめ」。→整備新幹線
[補説]九州新幹線の駅(鹿児島ルート):(山陽新幹線から直通)‐博多‐新鳥栖(しんとす)‐久留米‐筑後船小屋‐新大牟田‐新玉名‐熊本‐新八代‐新水俣‐出水(いずみ)‐川内(せんだい)‐鹿児島中央
九州新幹線の駅(長崎ルート):(博多)‐(新鳥栖)‐(佐賀)‐(肥前山口)‐(武雄(たけお)温泉)‐(嬉野(うれしの)温泉/仮)‐(新大村/仮)‐(諫早(いさはや))‐(長崎) ※全線未開業、「仮」は仮称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

九州新幹線【きゅうしゅうしんかんせん】

いわゆる整備新幹線(全国新幹線鉄道網)のうちの1路線。整備計画では,博多から長崎へ向かう〈長崎ルート〉と,博多から南下し鹿児島に至る〈鹿児島ルート〉に大別される。このうち〈鹿児島ルート〉は1991年9月に一部区間が着工,2001年には全区間着工。当初は新幹線鉄道規格新線(いわゆるスーパー特急)としての着工だったが,2000年に標準軌新線(いわゆるフル規格)へと変更された経緯がある。先に着工となった新八代〜鹿児島中央間127.6kmは,地盤が軟弱なシラス台地でのトンネル掘削が難工事となり,当初計画からは遅れたものの2004年3月,800系車両・6両編成の〈つばめ〉として部分・先行開業(運行は九州旅客鉄道)。最高速度は時速260km,最速列車は同区間を34分で結ぶ。これに伴い,並行在来線となる鹿児島本線は八代〜川内間がJR九州から経営分離され,第3セクター〈肥薩おれんじ鉄道〉となった。2011年3月12日,鹿児島ルートは全線開業した。山陽新幹線に乗り入れ,新大阪〜鹿児島中央間が新幹線で結ばれた。長崎ルートは,武雄温泉〜諫早間が着工済みだが,諫早〜長崎の着工は見送られており難航している。
→関連項目鹿児島中央[駅]博多[駅]肥薩おれんじ鉄道[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九州新幹線
きゅうしゅうしんかんせん

整備新幹線の一つ。福岡市(博多(はかた))と鹿児島市(鹿児島中央)を結ぶ鹿児島ルートと、福岡市と長崎市を結ぶ長崎(西九州)ルートがある。2004年(平成16)3月に鹿児島ルートの新八代(しんやつしろ)―鹿児島中央間(営業キロ数137.6キロ)が部分開通し、在来線では3時間50分であった博多―西鹿児島(現鹿児島中央)間を最短2時間12分で結び、さらに2011年3月の全線開通により、博多―鹿児島中央間は最短1時間19分となった。また、新大阪―鹿児島中央間の直通運転も実施され、同区間は最短3時間45分で結ばれた。
 なお、長崎(西九州)ルートは鹿児島ルートの新鳥栖(しんとす)から分岐して長崎にいたるルートである。沿線の地方公共団体の反対により着工が遅れていたが、2008年(平成20)3月に武雄温泉(たけおおんせん)―諫早(いさはや)間が着工した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の九州新幹線の言及

【スーパー特急】より

…高速鉄道網の整備を促進するため,暫定的に狭軌の新幹線鉄道規格新線を建設し,狭軌であっても従来より高速の時速160km以上の列車を運行できるようにする方式。1997年9月現在,北陸新幹線の糸魚川~魚津間と石動~金沢間,九州新幹線の八代~西鹿児島間がこれにより建設が行われている。なお,青函トンネルも新幹線を運行できる規格で建設されたが,88年から狭軌の線路だけを敷いて開業しており,ここでは91年から時速140kmでの運転が行われている。…

【整備新幹線】より

…ただし1990年からは,暫定的に標準軌新線(フル規格の新幹線)だけでなく,狭軌の新幹線鉄道規格新線(スーパー特急)または従来の狭軌線を標準軌に改めた新幹線鉄道直通線(ミニ新幹線)として建設する方式も併用されることになった。97年10月には北陸新幹線の高崎~長野間がフル規格で開業したが,この時点では東北新幹線の盛岡~八戸間がフル規格で,北陸新幹線の糸魚川~魚津間と石動~金沢間,九州新幹線の八代~西鹿児島間がスーパー特急として建設が行われている。なお,政府・与党の方針で新幹線が建設される区間の並行在来線は原則として廃止されることになっており,このため代替輸送などの問題が起こっている。…

※「九州新幹線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九州新幹線の関連情報