タキン・コウドー・マイン(英語表記)Thakin Kodaw Hmaing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タキン・コウドー・マイン
Thakin Kodaw Hmaing

[生]1876.3.23. ペグー,シュエダウン近郊
[没]1964.7.23. ラングーン
ビルマ (現ミャンマー) の作家,民族主義運動家。本名ウー・ルン。コンバウン時代末期から上ビルマ各地の僧院に学び,のちラングーン (現ヤンゴン) に出て新聞編集などの仕事をするかたわら,文筆活動を始めた。 1934年民族主義結社タキン党に入党し,指導的役割を果した。独立後は,ビルマの世界平和会議議長として社会主義諸国を歴訪。文筆活動を通じて民族主義運動,平和運動を実践し,国民に大きな影響を与えた。 55年スターリン平和賞受賞。 60年東ベルリンのフンボルト大学から名誉博士号を授与された。 76年生誕百年祭が盛大に挙行された。主著に小説『申し上げ候』 Hmadawbon (1916~21) ,随想的評論『クジャクに寄せて』 Daung Tika (19) ,『犬に寄せて』 Khway Tika (25) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android