歴訪(読み)れきほう

精選版 日本国語大辞典「歴訪」の解説

れき‐ほう ‥ハウ【歴訪】

〘名〙 いろいろな土地・人々を問すること。つぎつぎとたずねること。歴問
※懐風藻(751)釈道慈伝「遣学唐国、歴訪明哲、留連講肆
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第二部「岩倉大使が欧米歴訪の目的は」 〔南史‐梁南王偉平元襄〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歴訪」の解説

れき‐ほう〔‐ハウ〕【歴訪】

[名](スル)いろいろな土地・人を次々に訪ねること。「欧州各国を歴訪する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android