コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクナ県 タクナTacna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクナ〔県〕
タクナ
Tacna

ペルー南端の県。県都タクナ南西は太平洋に面し,南東はチリ,東端でわずかにボリビアと国境を接する。南西の海岸砂漠地帯と北東のアンデス山脈から成る。住民はアンデスから流下するロクンバ,サマなどの河川沿いの灌漑地帯に集中し,ブドウその他の果樹,ワタ,サトウキビなどを栽培する。人口の少い高地ではインディオオオムギコムギ,ジャガイモなどを栽培し,ヒツジやアルパカを飼育する。豊かな鉱物資源は大部分未開発であったが,1956年タクナの北約 70kmのトケパラで世界最大級の銅鉱山が開坑,76年にはその近くのクアホネ銅鉱山も生産を開始,ペルーの主要輸出品である銅の最大の産出県となった。県都を経てパンアメリカン・ハイウェーが通る。面積1万 5983km2。人口 20万 9300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タクナ県の関連キーワードトケパラ銅山トケパラ鉱山モケグア県イロ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android