コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクナ県 タクナTacna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクナ〔県〕
タクナ
Tacna

ペルー南端の県。県都タクナ南西は太平洋に面し,南東はチリ,東端でわずかにボリビアと国境を接する。南西の海岸砂漠地帯と北東のアンデス山脈から成る。住民はアンデスから流下するロクンバ,サマなどの河川沿いの灌漑地帯に集中し,ブドウその他の果樹,ワタ,サトウキビなどを栽培する。人口の少い高地ではインディオオオムギコムギ,ジャガイモなどを栽培し,ヒツジやアルパカを飼育する。豊かな鉱物資源は大部分未開発であったが,1956年タクナの北約 70kmのトケパラで世界最大級の銅鉱山が開坑,76年にはその近くのクアホネ銅鉱山も生産を開始,ペルーの主要輸出品である銅の最大の産出県となった。県都を経てパンアメリカン・ハイウェーが通る。面積1万 5983km2。人口 20万 9300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タクナ県の関連キーワードトケパラ銅山トケパラ鉱山モケグア県イロ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android