タシュティク文化(読み)タシュティクぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

タシュティクぶんか【タシュティク文化】

南シベリア,中部エニセイ川流域に分布した鉄器時代(前1世紀~後5世紀)の文化。エニセイ川流域のバテニ村近くのタシュティクTashtyk川にある墓からその名がつけられた。墳丘墓と地下式墓とがあり,火葬骨を伴う。文化の担い手は,コーカソイドのタガール文化と異なり,コーカソイドとモンゴロイドの混血であった。副葬品には,白色粘土製のデスマスク,各種土器があり,また中国との交易を示す絹織物,漆器,漢式鏡,傘などもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタシュティク文化の言及

【キルギス族】より

…古くはエニセイ川上流域のミヌシンスク地方にいて,中国の漢代にすでに堅昆,鬲昆などの名で知られた民族がその祖と考えられている。この地域では森林・草原の狩猟・牧畜のみならず,小規模灌漑農耕,そしてミヌシンスク金属文化(タシュティク文化)に代表されるような,鉱産資源を活用した冶金・手工業も行われていた。彼らは,元来ヨーロッパ系であったと目されていて,唐代の記録にも〈赤髪(金髪),皙面(白い肌),緑瞳(青い瞳)〉をもった〈長大〉な人々とされている。…

※「タシュティク文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android