タチハイゴケ(読み)たちはいごけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチハイゴケ
たちはいごけ
[学]Calliergonella schreberi (B. S. G.) Grout.

コケ植物ヤナギゴケ科の1種。亜高山から高山帯を特徴づける種類で、森林内の腐植土上に大きな群落をつくる。茎は赤色で長く、5~10センチメートルとなり、羽状に枝を出す。葉はやや重なり合ってつき、卵形ないし倒卵形。葉の長さは2~2.5ミリメートルで、やや内側にくぼむ。雌雄異株。は長さ3~4センチメートルの赤褐色の柄(え)の上に斜めにつく。円筒形で、帽(ぼう)(蘚帽(せんぼう))は膜質。北半球に広く分布する。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android