コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナ[湖] タナ

2件 の用語解説(タナ[湖]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タナ[湖]【タナ】

ツァナ湖とも。エチオピア高原北部にある同国最大の湖。面積2156km2。湖面標高1788m,水深は最大15m。青ナイルの水源。16―17世紀ごろポルトガル宣教師が探検。
→関連項目ブルース

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タナ[湖]【Lake Tana】

エチオピア高原北部にある湖。通常,青ナイルの水源とされるが,この湖に流れ込む小さい川があり,意見が異なることもある。ゆるやかに起伏する平たんな高原の上に流出した溶岩にせき止められてできた湖であるから,水深は浅く14mとされている。面積3673km2。湖の中央の小島に修道院があるが,湖水はビルハルツ住血吸虫に汚染されており,ほとんど経済活動は行われていない。ここから流れ出す青ナイルは,しばらく溶岩の上を流れるが,やがてそれを刻んで,ティシサットの滝呼ばれる大景観が生じ,以後,深く溶岩台地を刻んで流れるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タナ[湖]の関連キーワードエチオピアエチオピア高原エチオピア戦争ラリベラパラントロプス・エチオピクス青ナイルアビシニアンエチオピア亜区ファジルゲビエチオピア・エリトリア紛争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone