コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナトスの画家 タナトスのがかThanatos painter

世界大百科事典 第2版の解説

タナトスのがか【タナトスの画家 Thanatos painter】

前5世紀ころのギリシアの陶画家。生没年不詳。アッティカ地方で製作された葬祭用の白地レキュトスに,タナトス(〈死〉)が死者を冥界に送る絵を描いた陶画家。同様なモティーフを扱った陶画が陶片などで若干残っている。大英博物館にある,タイニア(供養の紐)を結んだ墓碑の前でタナトスとヒュプノス(〈眠り〉)が兵士の遺体を運んでいる絵は現存する最もすぐれた作例である。【前田 正明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android