タナトスの画家(読み)タナトスのがか(英語表記)Thanatos painter

世界大百科事典 第2版「タナトスの画家」の解説

タナトスのがか【タナトスの画家 Thanatos painter】

前5世紀ころのギリシア陶画家。生没年不詳。アッティカ地方で製作された葬祭用の白地レキュトスに,タナトス(〈死〉)が死者を冥界に送る絵を描いた陶画家。同様なモティーフを扱った陶画が陶片などで若干残っている。大英博物館にある,タイニア(供養の紐)を結んだ墓碑の前でタナトスとヒュプノス(〈眠り〉)が兵士の遺体を運んでいる絵は現存する最もすぐれた作例である。【前田 正明

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android