コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白地レキュトス しろじレキュトスwhite ground lekythos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白地レキュトス
しろじレキュトス
white ground lekythos

古代ギリシア陶器 (土器) の一種。白地彩絵陶器の通称。前 480年頃から前 420~10年頃まで,アッチカで盛んに製作された葬礼用の白地彩描レキュトス。葬礼,埋葬,墓参のための香油を入れる器であるが,のち次第に器形が通常のレキュトスより大きくなり,墓に置くピナクス (陶画板) としての性格が強くなった。ギリシア絵画史上重要な意義を有する。主題はほとんど死に関するもので神,死者,墓参などが描かれた。代表的な画家アキレウスの画家,ボストンのフィアーレの画家など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

白地レキュトスの関連キーワードアテネ国立考古学博物館タナトスの画家ギリシア美術アキレウス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android