タニストロフェウス(英語表記)Tanystrophaeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニストロフェウス
Tanystrophaeus

三畳紀中期にヨーロッパや南西アジアに生息していた原竜目に属する陸生爬虫類。体長 75cmの肉食動物で,骨格のつくりは軽快である。この動物が特に奇異であったのは,非常に長い首とその頸椎骨である。頸椎骨がそれぞれ長いので,それらをつないだ首はキリンのように長い。海岸で,長い首を伸ばして魚をとっていたと考えられている。行動も軽快であった。四肢の長さが普通なので,完全骨格の発見以前は,首から上は翼竜類先祖,胴は恐竜の先祖とみなされていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android