コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タフテ・スレイマーン遺跡 タフテ・スレイマーンいせきTakht-i Sulaymān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タフテ・スレイマーン遺跡
タフテ・スレイマーンいせき
Takht-i Sulaymān

イラン北西部,アゼルバイジャン地方の南部にある遺跡。タカーブの町の北東 45km,中央に湖 (100m× 70m) をもつ,高さ 20mの自然の円形台地上に,パルティア帝国末期からササン朝初期の城壁,ササン朝期の拝火神殿や宮殿跡,モンゴル期の宮殿跡が見出される。この地は,ササン朝の帝王,軍人の聖火「アーダル・グシュナスプ」が納められていた聖地ガンザック (あるいはシーズ) およびイル・ハン朝のアバカ・ハンの宮殿が造営されたサトゥーリークに比定される。 2003年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android