コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖火

4件 の用語解説(聖火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

聖火

五輪の聖火リレーでは、06年トリノ冬季五輪でも反グローバル化を掲げる活動家に妨害されたため、トーチの火を一時消し、車で運んだことがある。通常は、ハプニングに備えて種火を車に積んで伴走し、消えた場合に火を移す。98年長野冬季五輪では強風などで消えるハプニングが続発した。4年前のアテネ五輪では、アテネに到着したときの記念式典で、約2万人が見守る中で消える大失態が起きた。

(2008-04-08 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せい‐か〔‐クワ〕【聖火】

神にささげる神聖な火。
オリンピック競技開催中、主競技場の聖火台に燃やしつづける火。古代ギリシャの故事にならい、オリンピア太陽光から採火される。1928年アムステルダム大会に始まる。オリンピック聖火。→聖火リレー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいか【聖火】

神にささげる神聖な火。
オリンピック期間中、会場にともされるギリシャのオリンピアで採火された神聖な火。1928年のアムステルダム大会で採用され、聖火リレーは1936年のベルリン大会から始まった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖火
せいか

オリンピック聖火」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の聖火の言及

【火】より

…一方,両者を統合する寓意として,火に焼かれたのち灰から再生するフェニックスの伝説が成立し,試練と再生の象徴ともなっている。火を重要視したゾロアスター教では,人間と雄牛を生む源となった聖火は,同時に光明神アフラ・マズダがこの世に君臨していることの証左として神殿で燃やし続けられた。インドでも火は地上に降りた天界の元素とみなされ,祭礼には聖火がたかれた。…

※「聖火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

聖火の関連キーワード猪谷千春聖火リレー渡部暁斗トーチリレー冬季五輪小澤美夏石田正子加藤条治小笠原歩船山弓枝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖火の関連情報