コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヤク文化 タヤクぶんか

1件 の用語解説(タヤク文化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タヤクぶんか【タヤク文化】

フランス,ドルドーニュ地方のミコックMicoque岩陰の2枚の層の遺物をもとに,剝片石器文化と定義された旧石器時代文化。名称は同地方のレゼジー・ド・タヤクLes Eyzies‐de‐Tayac遺跡にちなむ。小型で厚い剝片を素材とした石器は,ムスティエ文化の様相を示す。しかし指標となる石器はなく,特徴は剝片剝離技術にある。打面幅が広く,打撃角の大きい,打瘤の発達する剝片が多い。スペインから西アジアに至る諸遺跡で,旧石器時代の前期末,あるいは中期初頭の層があてられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タヤク文化の関連キーワードゴルドーニマドレーヌ文化ベナック城ラ岬バセー・フォーブ・ド・ブルターニュブラク・ドーベルニュシャンパーニュ(シャンパン)コッコーバンブールギニョンブルゴーニュ風

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone