タヤク文化(読み)タヤクぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

タヤクぶんか【タヤク文化】

フランス,ドルドーニュ地方のミコックMicoque岩陰の2枚の層の遺物をもとに,剝片石器文化と定義された旧石器時代文化。名称は同地方のレゼジー・ド・タヤクLes Eyzies‐de‐Tayac遺跡にちなむ。小型で厚い剝片を素材とした石器は,ムスティエ文化の様相を示す。しかし指標となる石器はなく,特徴は剝片剝離技術にある。打面幅が広く,打撃角の大きい,打瘤の発達する剝片が多い。スペインから西アジアに至る諸遺跡で,旧石器時代の前期末,あるいは中期初頭の層があてられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android