コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラベラデラレイナ Talavera de la Reina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タラベラデラレイナ
Talavera de la Reina

スペイン中部,カスティリア・ラマンチャ州中部,トレド県の都市。トレド西方約 70km,タホ川北岸に位置する。ローマ属州時代に起源をもつが,11世紀にアルフォンソ6世がイスラム教徒から奪還。のちアルフォンソ 11世が妃に与えたことから「デラレイナ (女王の) 」と名づけられた。 16世紀から,羊毛,絹織物陶磁器の生産が盛んであったが,一時衰退。現在は農業の中心地で,オリーブ油,農業機械,乳製品を産し,タバコ,綿花を集散する。 12~13世紀の城壁やゴシック様式の聖堂がある。マドリードリスボンを結ぶ鉄道,道路が通る。人口6万 8341 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android