コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンヌリー タンヌリー Tannery, Paul

2件 の用語解説(タンヌリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンヌリー
タンヌリー
Tannery, Paul

[生]1843
[没]1904
フランス科学哲学史家,数学史家。初め技師であったが,のちコレージュ・ド・フランスの教授となった。古代科学史を専攻。 P.フェルマおよびデカルトの全集の編者として著名。主著"Pour l'histoire de la science helléne" (1887) ,"Recherches sur l'histoire de l'astronomie ancienne" (93) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タンヌリー【Paul Tannery】

1843‐1904
フランスの科学史家。パリ近郊のマントに生まれ,エコール・ポリテクニクを卒業して煙草専売公社に入り,1893年パリ市外パンタンの専売公社工場長になって同地で没した。76年から古代ギリシアの科学に関する研究を発表しはじめ,のちには中世,近世にまで研究領域を広げて有数の科学史家になった。また科学史研究の国際組織の育成にもつくした。《ギリシア科学史のために》(1887),《古代天文学史研究》(1893)ほかのおびただしい研究は17巻の《科学論文集》(1912‐50)に収められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタンヌリーの言及

【科学史】より

…したがって,科学の特権性を過去の歴史のなかに跡づけ,あるいはそうした体系の部分的な一片一片を,他の文化圏の歴史のなかに発見するという,データ探しが,19世紀の動きを受けついだ20世紀前半の重要な学問上の目標となった。 ベルギーに生まれ,1915年からアメリカに渡ったG.サートンの大著《科学史序説》(1927‐47),ドイツのF.ダンネマンの《大自然科学史》(1910‐13),あるいはフランスのP.タンヌリーの《科学史論集》(1912‐50),イギリスのC.シンガーの一連の著作活動など,いずれも百科事典的な浩瀚(こうかん)な内容をもつもので,データの集積作業であった。それとともに,科学史はこの時期に学問としても制度化されはじめ,サートンが1912年に創刊した論文誌《アイシスIsis》は,アメリカ科学史学会(1924設立)の機関誌として今日に至っており,国際的にも最も権威ある学会誌の一つになっている。…

※「タンヌリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンヌリーの関連キーワードイルドフランスカンギレムコイレダンネマンディズニーランドリゾートパリフランスソワールマンデスフランス落ち穂拾い平田寛(1)矢島祐利

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone