コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターシュクルガーン(塔什庫爾干)タジク(塔吉克)自治県 ターシュクルガーンタジクTaxkorgan Tajik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターシュクルガーン(塔什庫爾干)タジク(塔吉克)〔自治県〕
ターシュクルガーンタジク
Taxkorgan Tajik

中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区南西部,カシュガル (喀什 噶爾) 地区の県。パミール高原,クンルン (崑崙) 山脈,カラコルム山脈の集る高山地帯で,ヤールカンド (葉爾羌) 川の上流が流れる。住民の 80%以上がタジク族で,ウシ,ヒツジ,ヤギの移牧を主業とし,谷間でハダカムギエンドウを栽培する。言語はイラン語に近いが,ウイグル文字を使用する。ミンタカ峠を越えてタリム (塔里木) 盆地とインド亜大陸のカシミール地方を結ぶ古くからの通商路が通る。人口2万 4626 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ターシュクルガーン(塔什庫爾干)タジク(塔吉克)自治県の関連キーワードカシュガル(喀什噶爾)地区

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android