コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターボシャフト・エンジン turboshaft engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターボシャフト・エンジン
turboshaft engine

ガスタービン・エンジンの一種。おもにヘリコプタに使われるもので,燃焼ガスのエネルギーを数段のフリー・タービンで軸出力として取り出し,ギアボックスで減速して回転翼 (ロータ) を駆動する。当初ピストンエンジンを使用していたヘリコプタは 1960年代,小型,軽量,高出力のターボシャフト・エンジンの実用化によって飛躍的な発展をとげた。いまではごく一部の小型機を除き,ほとんどのヘリコプタがターボシャフト・エンジンを装備している。それも軽量小型のため,単発から双発,三発まで複数の装着が可能となり,飛行性能の向上とともに,安全性の向上にもつながった。 (→ガスタービン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ターボシャフト・エンジンの関連キーワードターボジェット・エンジンタービンヘリコプタージェットエンジン航空機の推進装置航空原動機

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android