コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターボシャフト・エンジン turboshaft engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターボシャフト・エンジン
turboshaft engine

ガスタービン・エンジンの一種。おもにヘリコプタに使われるもので,燃焼ガスのエネルギーを数段のフリー・タービンで軸出力として取り出し,ギアボックスで減速して回転翼 (ロータ) を駆動する。当初ピストンエンジンを使用していたヘリコプタは 1960年代,小型,軽量,高出力のターボシャフト・エンジンの実用化によって飛躍的な発展をとげた。いまではごく一部の小型機を除き,ほとんどのヘリコプタがターボシャフト・エンジンを装備している。それも軽量小型のため,単発から双発,三発まで複数の装着が可能となり,飛行性能の向上とともに,安全性の向上にもつながった。 (→ガスタービン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android