コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリコプタ helicopter

翻訳|helicopter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリコプタ
helicopter

回転翼航空機の一種。エンジンで駆動される大型の主回転翼(メイン・ロータ)を高速で回転させて垂直に離着陸し,前後,左右,上下と自由に飛行する一方,空中停止(ホバリング)も可能。その基本原理は 15世紀レオナルド・ダ・ビンチにさかのぼり,螺旋状回転翼を用いた設計のメモと素描が残されている。その後 1784年弓と羽を用いた模型がつくられ,1843年ジョージ・ケーリーが空中蒸気車を考案した。しかし,翼の高速回転に必要な軽くて強力な動力が得られたのは 20世紀に入ってからで,初めて人を乗せ地面を離れたのは 1907年11月13日フランス人ポール・コルニュの試作機であった。記録は高度 1m以下,滞空 20秒間とされている。1923年1月9日フアン・ド・ラ・シエルバオートジャイロの飛行に初めて成功した。実用機の登場は 1936年に初飛行したドイツのフォッケ=アハゲリスFa61で,第2次世界大戦中に量産に入ったが,敗戦までに 10機がつくられただけであった。同じ頃アメリカ合衆国ではイゴール・シコルスキーの試作機 VS-300が 1939年に初飛行(→シコルスキーVS-300),そこから近代的な航空機としての発展が始まった。真の実用化は戦後である。1942年からベル・ヘリコプタが開発に乗り出し,1943年の初飛行を経て 1946年商用飛行にも使えるベル47が完成した。ヘリコプタの形状は原則として,ロータの回転による反作用(トルク)を抑えるために二つのロータを取り付ける。最も普通に見られるのが主ロータと尾部ロータをもつ単ロータ形式だが,機体の前後にロータをもつタンデム・ロータ形式,上下にロータをもつ二重反転ロータ形式,左右にロータをもつ双ロータ形式がある。エンジンは,小型ヘリコプタはピストンエンジン,中・大型機にはターボシャフト・エンジンが使われ,2~3基を装備する双発機や三発機もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘリコプタの関連キーワードベル/ボーイングVアエロスパシアル・アルーエトIIバリエントス・イ・オルトゥニョユナイテッド・テクノロジーズシコルスキー・エアクラフトアグスタウェストランド救急医療用ヘリコプタ高度別大気汚染調査ストラトフォードサウスサマセットアエロスパシアル小型自動着陸実験ヘリコプタ母艦しらね型護衛艦攻撃ヘリコプタ対潜ヘリコプタティルトロータ自動安定装置固定翼航空機スマート砲弾

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘリコプタの関連情報