単発(読み)タンパツ

デジタル大辞泉の解説

発動機が1基であること。
1発ずつ発射すること。
一度きりであとの続かないもの。連続せずに1回で完結するもの。「単発ドラマ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

一発ずつ発射すること。
エンジンが一つだけであること。
後続がなく、ただそれだけで終わるようなもの。 -のヒットに終わる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一発ずつ発射すること。
※兇銃(1960)〈大藪春彦〉三「祖父の単発散弾銃が若杉の憧れのまとだった」
発動機が一基だけであること。〔飛行機の話(1941)〕
③ 一度きりであとの続かないもの。連続せずに一回で完結するもの。「単発ドラマ」
※マイクのたわごと(1955)〈平井常次郎〉ラジオとテレビの競合そして新聞のことも「テレビの単発番組(毎週とか毎日とか続きもので出す番組でなく、一回限りのもの)」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単発の関連情報