コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターム取引 タームとりひきterm trading

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターム取引
タームとりひき
term trading

原油購入取引のうち,3ヵ月あるいは6ヵ月以上の長期にわたるもの。1回限りの荷渡しで3ヵ月程度の短期契約の形をとるスポット取引に対する語。 1980年代なかばまでの市場取引は,石油輸出国機構 OPECの政府公式販売価格 GSPに基づくターム取引が市場の大半を占めていたが,原油価格の低落で市況が不安定化したため,需給の不均衡を調整する手段としてスポット取引が増加し,スポット取引価格が GSPに代って国際原油価格を決定づけるようになった。なお OPEC各国は,1987年末以降,原油のターム取引価格を従来の GSPから原油スポット実勢価格に応じたスポット市場連動型価格に変更している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android