コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターロウシャン(大婁山)山脈 ターロウシャンさんみゃくDalou shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターロウシャン(大婁山)山脈
ターロウシャンさんみゃく
Dalou shan

中国南部,クイチョウ (貴州) 省北部にある南西から北東方向の山地。クイチョウ高原の北部をなす。標高 1500m前後の山嶺が多い。北斜面は急勾配でスーチョワン (四川) 盆地に下るが,南斜面は比較的ゆるやかで,標高 500m以下の山間盆地が発達。樹木やタケが繁茂し,アベマキウルシシナアブラギリなど有用樹も多い。カシワ,コナラ類の葉でサクサン (柞蚕) を飼育。中部にあるロウシャン (婁山) 関は古くからスーチョワン盆地とクイヤン (貴陽) を結ぶ交通路の要衝であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ターロウシャン(大婁山)山脈の関連キーワードクイチョウ(貴州)高原ツンイー(遵義)地区クイチョウ(貴州)省ロウシャン(婁山)関チーシュイ(赤水)河ツンイー(遵義)市ウー(烏)江