コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柞蚕 サクサン

デジタル大辞泉の解説

さく‐さん【×柞蚕】

ヤママユガ科のガ。大形で、翅(はね)は赤褐色または灰褐色眼状紋がある。中国の原産で、明治年間に日本に輸入された。幼虫食草はクリ・クヌギ・カシワなどで、野外のクヌギ林で飼育される。繭は蚕のものより大形で茶色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さくさん【柞蚕】

ヤママユガ科のガ。淡褐色で前後のはねにそれぞれ透明な窓状の斑紋がある。中国原産。繭から糸をとる。明治時代に輸入され長野県の一部で飼育。幼虫はクヌギ・コナラなどの葉を食う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

柞蚕 (サクサン)

学名:Antheraca pernyi
動物。ヤママユガ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

柞蚕の関連キーワードフォンチョン(鳳城)マン(満)族自治県ターロウシャン(大婁山)山脈チエンシャン(千山)山脈シャントン(山東)半島タントン(丹東)特別市シャントン(山東)省東北(中国)貴州[省]シャンタン絹紬・繭紬遼寧(省)山東(省)動物繊維サクサン遼東半島山東半島明治時代タッサー霞入り絹織物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android