コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイモン ダイモンdaimōn

翻訳|daimōn

3件 の用語解説(ダイモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイモン
daimōn

ギリシア語で「超自然的霊的存在」「神」を意味する。ホメロスの世界では人間に対して不思議な仕方で現れ,誕生や運命の変転について予告するなんらかの神的存在をいい,オリンポスの神々のような人格的形姿をとらない。ヘラクレイトスは「人間各自の性格はその人間のダイモンである」としてこの思想に反対した。またエンペドクレスにとってダイモンは霊魂の別称であった。ソクラテスのダイモンはおおむね特定の行為を避けることを勧告する点でなおアルカイックな宗教信仰の形態を残すが,一貫して非人格的である。こうしてダイモンは次第に超越的性格を失い,個人個人に一生つきまとって運命を左右するよき霊ないしあしき霊と考えられるようになり,神性は低下した。プラトンはダイモン (ただし複数) を神と人との仲介者として述べ,クセノクラテスは神性と人性の混合としている。フィロンギリシア哲学におけるダイモンをイスラエルの宗教的伝統における天使と同一視していたが,異教の神を悪魔的存在とみなすキリスト教ではいわゆるデーモン的な意味合いで用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダイモン【daimōn】

ギリシャ思想において、神と人との中間者で、個人の運命を導く神霊的な存在。ソクラテスは行為に際して、時折自己の内奥にダイモン的なもの(ダイモニオン)の声を聞いたという。デーモン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のダイモンの言及

【エンペドクレス】より

…そして宇宙はもとの球の姿にもどる。これに対して《浄め》はダイモンと呼ばれる不死なる魂が愛のみの支配する天上の国から地上に転落し,輪廻転生の苦をなめながら,ふたたび天上に帰り行く救済を歌う宗教的詩である。学者たちは二つの詩を科学と宗教との対立と見てきたが,その見方には問題が残る。…

【デーモン】より

…一般に鬼神,守護神,悪魔などを意味し,本来は超自然的・霊的存在者を表すギリシア語ダイモンdaimōnに由来する語。ホメロスではほとんど〈神〉または〈神の力〉の同義語として扱われ,あらゆるできごとを引き起こす真の原因と考えられている。…

※「ダイモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイモンの関連情報