コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウラギリ[山] ダウラギリ

2件 の用語解説(ダウラギリ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ダウラギリ[山]【ダウラギリ】

ネパール・ヒマラヤ中部の高峰。名はサンスクリットで〈白い山〉の意。アンナプルナ山の西方にある8000m級の巨峰として長く未踏峰であったが,第1峰(8167m)は,1960年スイスのM.アイゼリン隊が初登頂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ダウラギリ[山]【Dhaulagiri】

ネパール・ヒマラヤ,ダウラギリ山群の最高峰。標高8167m。サンスクリットで〈白い山〉を意味する。1950年フランス隊は主峰の東面や北面をうかがったが放棄,アンナプルナに転進して登頂した。その後スイス,アルゼンチンドイツオーストリアの各隊がいどんだが,60年スイス隊(M.アイゼリン隊長)は軽飛行機を使い,北東稜から初登頂。登山再開後,70年同志社大学隊が第2登,73年アメリカ隊,76年イタリア隊,78年春東京都山岳連盟隊が南岩稜から,同年秋,群馬県山岳連盟隊が南東稜から,79年スペイン隊,80年ポーランドイギリス・イタリア合同隊,スイス隊,81年カナダ・イギリス隊が登頂,日本の禿(かむろ)博信は単独・無酸素登頂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダウラギリ[山]の関連キーワードエベレストカトマンズダウラギリネパール語ヒマラヤ山脈ヒマラヤヒマラヤ杉ヒマラヤンチベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone