コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウラギリ Dhaulagiri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウラギリ
Dhaulagiri

ヒマラヤ山脈,ネパールヒマラヤ中央部にあるダウラギリ山群の主峰。ダウラギリI峰ともいう。標高 8167m。山名はサンスクリット語で「白い山」を意味する。 1960年5月 13名のスイス隊 (隊長 M.アイゼリン) によって初登頂された。このとき隊員の装備輸送に軽飛行機を使用したが,中途で墜落し,試みは不成功に終った。 70年に同志社大学隊 (隊長太田徳風) が第2登。ダウラギリ II峰 (7751m) は 71年オーストラリア隊 (隊長 F.フーバー) ,III峰 (7715m) は 73年西ドイツ隊 (隊長 K.シュレッケンバハ) ,IV峰 (7661m) は 75年大阪府山岳連盟隊 (隊長野村哲也) ,V峰 (7618m) は 75年岡山大学隊 (隊長楳木栄一) ,VI峰 (7268m) は 70年関西登高会隊 (隊長野村哲也) が,それぞれ初登頂に成功した。なお,79年カモシカ同人隊 (隊長高橋通子) は II・III・V峰の交差縦走に成功している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ダウラギリ(Dhaulagiri)

ネパール中部、ヒマラヤ山脈中の高峰群。第1峰は標高8167メートルで、1960年にスイス隊が初登頂に成功。サンスクリット語で白い山の意。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ダウラギリ【Dhaulagiri】

ネパール中部、ヒマラヤ山脈中にある高峰群。最高峰は海抜8167メートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ダウラギリの関連キーワードアンナプルナ[山]ダウラギリ[山]八千メートル峰アンナプルナ山ガンダク川ポカラ盆地山田 昇竹内洋岳河口慧海栗城史多最高峰登山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダウラギリの関連情報