コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウンズ・モデル Downsian model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウンズ・モデル
Downsian model

経済学者の A.ダウンズの唱えた投票・政治モデル。このモデルは,経済合理性を備えた投票者と候補者 (政党) から成る。候補者は政治的支持の最大化,つまり得票最大化を目指し,有権者のほうは,候補者 (政党) 間の政策によって生じる効用の差を見て,投票を行なう。効用の差がないときには棄権するが,逆に最も高い効用を与える政党に投票するというモデル。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android