コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダゲッソー Henri‐François d’Aguesseau

1件 の用語解説(ダゲッソーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダゲッソー【Henri‐François d’Aguesseau】

1668‐1751
フランスの法律家,政治家。法曹名家からパリ最高法院Parlement検事に抜擢され(1691),検事長(1700)を経て大法官chancelierを長く務めた(1717‐50)。ジョン・ローや枢機卿デュボア(1656‐1723)との対立から一時隠遁を強いられたが(1718‐20,1722‐27),とくに贈与(1731),遺言(1735)等に関する王令の起草による法統一への尽力は重要である。博学雄弁でドマやマールブランシュにも師事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダゲッソーの関連キーワードブスケフランス組曲マリオットの法則ミッテランローエイシアゴーリスム法律家大クープランフランスソワールマンデスフランス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone