コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダゲッソー Henri‐François d’Aguesseau

世界大百科事典 第2版の解説

ダゲッソー【Henri‐François d’Aguesseau】

1668‐1751
フランスの法律家,政治家。法曹名家からパリ最高法院Parlement検事に抜擢され(1691),検事長(1700)を経て大法官chancelierを長く務めた(1717‐50)。ジョン・ローや枢機卿デュボア(1656‐1723)との対立から一時隠遁を強いられたが(1718‐20,1722‐27),とくに贈与(1731),遺言(1735)等に関する王令の起草による法統一への尽力は重要である。博学雄弁でドマやマールブランシュにも師事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダゲッソーの関連キーワードボルテールニュートン(Sir Isaac Newton)宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)フランクリン(Benjamin Franklin)オニビシオニビシの姉モリエール吉原(遊廓)アゲソー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone