志操(読み)しそう

精選版 日本国語大辞典「志操」の解説

し‐そう ‥サウ【志操】

〘名〙 かたく守って変えない
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「玄も心に志をいだくと云」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「成程お勢はまだ若い、血気も未だ定らない、志操も或は根強く有るまい」 〔漢書‐李尋伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「志操」の解説

し‐そう〔‐サウ〕【志操】

自分の主義や主張などを固く守って変えない心。「志操の堅固な人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「志操」の解説

【志操】しそう(さう)

節操をもつ。〔後漢書、王符伝〕(わか)くして學を好み、志操り。馬融・竇張衡・崔等と、友とし善し。

字通「志」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android