コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義賊 ギゾク

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐ぞく【義賊】

金持ちから金品を盗み、それを貧民に分け与える、義侠心(ぎきょうしん)のある盗賊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎぞく【義賊】

国家や領主などの権力者からは犯罪人と目され,無法者とされながらも,民衆からは強い支持を受け,富める者から奪っては貧しき者に分かち与え,世の不正を正さんとしてついに命を落とすが,その英雄的行動により民衆の心のうちに伝説的に生き続ける存在,それが義である。イギリスの歴史家ホブズボームは,これを単なる追剝と区別して〈社会的山賊social bandit〉と呼んだ。典型的には,中世イングランドの伝説化された存在であるロビン・フッドが挙げられるが,同様の事例は前近代の農村社会には広く見いだすことができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎぞく【義賊】

金持ちから金品を奪い、困っている者に分け与える盗賊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の義賊の言及

【ハイドゥク】より

…オスマン帝国のヨーロッパ支配地域,とくにバルカン地方の義賊。所によって名称は異なり,ハイドゥーhajdú(ハンガリー語),ハイドゥクhaiduc(セルビア語,ルーマニア語),クレフテスkléftis(ギリシア語)等と呼ばれたが,その活動の時期はほぼオスマン帝国支配の時期に一致する。…

※「義賊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

義賊の関連キーワードJ.アドルフ ペーターセン一枝梅~イルジメ~アレクサンダー大王キョルオウル物語コロコトロニスロビン・フッドS. マタブリ鼠小僧次郎吉オルブラフト石川五右衛門アルマトロイペーターセンキョルオウルロビンフッドジェームズ自来也説話侠盗・俠盗ハイドゥク神稲水滸伝マルコ伝説

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義賊の関連情報