転訛(読み)てんか

精選版 日本国語大辞典「転訛」の解説

てん‐か ‥クヮ【転訛】

〘名〙
① 文字の写し間違い。
※和字正濫鈔(1693)五「木欒子 むくれにしのき〈〉むくろしといふ物はむくれんしの歟」
② ことばの本来の発音がなまってかわること。また、その音や語。
※舎密開宗(1837‐47)内「独乙蘭土(ドイランド)にて貎老涅(ブラロウネ)と名る咽喉病。〈略〉布律涅爾剌は蓋し貎老涅の転訛なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「転訛」の解説

てん‐か〔‐クワ〕【転×訛】

[名](スル)語の本来の発音がなまって変わること。また、その音や語。「転訛した語形」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android