コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダニエリソーン Nikolai Frantsevich Daniel’son

世界大百科事典 第2版の解説

ダニエリソーン【Nikolai Frantsevich Daniel’son】

1844‐1918
ロシアの経済学者。筆名ニコライ・オンNikolai‐on。《資本論》の最初のロシア語訳の完成者(第1部1872,第2部1885,第3部1896)。信用組合の職員として終生市井に生きた。24歳のときマルクスと文通をはじめ,ロシアの情報と文献多数を提供。マルクスの死後はエンゲルスと文通した。主著《改革後のわが国の社会経済概要》(1880‐93)は,ロシア資本主義を分析した早期の文献。彼自身はナロードニキではないといっているが,ロシア資本主義が〈人民的生産〉を圧倒するとともに,ロシア資本主義の行き詰りを予想していて,その学説は合法ナロードニキのロシア資本主義没落論の一種という性格をもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ダニエリソーンの関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))バンディエラ兄弟曲芸

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android