コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信用組合 しんようくみあいcredit cooperative

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信用組合
しんようくみあい
credit cooperative

中小企業者,農民など資力の弱い者が組合員となり,相互に資金の融通をはかる相互扶助的な組合金融機関。信用 (協同) 組合は中小企業等協同組合法 (昭和 24年法律 181号) 3条2号に基づいて設立されるものであるが,その淵源は産業組合法 (明治 33年法律 34号) による信用組合にまでさかのぼる。同様な組織に信用金庫があるが,これは上記の信用組合のうち比較的一般金融機関の色彩の強いものが 1951年の信用金庫法の施行によって改組独立したもので,現在の信用組合は信用金庫よりも協同組合的色彩がはるかに濃い本来の組合金融機関となっている。信用組合には地域組合,業域組合,職域組合の3種があり,組合員に対する資金の貸付,手形の割引,預金・定期積金受入れ,これら付帯事業を主たる業務とする (中小企業協同組合法9条の8) 。なお組合員以外の預金・定期積金の受入れには制限がある (9条の8の3項) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんよう‐くみあい〔‐くみあひ〕【信用組合】

明治33年(1900)の産業組合法に基づいて設立された信用・販売・購買・利用の各事業を行う産業組合の一。昭和24年(1949)そのほとんどが信用協同組合に改組し、同26年にそのうちで金融機関としての性格が強いものは信用金庫になった。
信用協同組合」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

信用組合【しんようくみあい】

正称は信用協同組合,信組と略称する。中小企業等共同組合の一つで,中小企業を対象とする金融機関。明治時代から,地域を基盤とした市街地信用組合と特定の事業者・勤労者を基盤としたものがあったが,1951年に前者は信用金庫に転換した。
→関連項目岡田良一郎中小企業等協同組合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんようくみあい【信用組合】

1949年制定の中小企業等協同組合法に基づく非営利法人の中小企業金融機関。正式には信用協同組合といい,信組と略す。信用組合はドイツに始まるもので,1850年代にシュルツェ・デーリッチュによって都市信用組合が,またライフアイゼンによって農村信用組合が創始された。日本には明治20年代に品川弥二郎平田東助によって導入され,各地で設立されたが,その発展過程において二つのタイプに分かれた。一つは市街地信用組合に多くみられる地域を基盤とする一般金融機関的な性質の強い組合で,預金総額に占める組合員以外の預金の割合が半ばに達していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんようくみあい【信用組合】

「信用協同組合」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信用組合
しんようくみあい

中小企業等協同組合法(昭和24年法律181号)を根拠法とし、さらに金融機関としての公共性と信用秩序維持の立場から「協同組合による金融事業に関する法律」(昭和24年法律183号)に基づく中小商工業者および勤労者の自律性を重んずる自立共助の協同組織の金融機関である。正式には信用協同組合という。株式組織金融機関が営利法人であるのに対して、信用組合は中小企業等協同組合法で定められた一定の資格ある人々を組織して取引者とする非営利法人の金融機関である。事業活動の結果生じた剰余金は、一定の制限のもとに出資配当または利用者配当として組合員に還元される。信用組合の源は信用金庫と同根で、産業組合法(明治33年法律34号)に基づいて設立された産業組合にさかのぼることができる。
 信用組合は、組合員の特性によって地域信用組合(在日外国人のための民族系信用組合を含む)、業域信用組合、職域信用組合の三つに分類できる。業務は組合員の預金、積金の受入れ、組合員のための貸付および手形割引、組合員のためにする内国為替(かわせ)取引などである。また、預金、積金の総額の20%を限度として組合員以外の預金を受け入れることができる。組合員資格には制限があり、事業者は従業員300人以下、資本金3億円以下(卸売業は100人以下、1億円以下、小売業・サービス業は50人以下、5000万円以下)のものが対象となる。営業区域はおおむね一都道府県内で、所轄監督は都道府県知事である。2007年(平成19)3月末現在、信用組合数は168、種類別店舗数は1858(地域信用組合1771、業域信用組合53、職域信用組合34)で、預金・積金量16兆0672億円、貸出金9兆3669億円、組合員数約364万3119人である。
 なお、資金の調整機能を行う親機関として全国信用協同組合連合会があり、また、中央における利益代表機関の役割を果たし指導、助言、教育などを提供する全国信用組合中央協会が中央機関として設立されている。[森 静朗]
『井上肇・高木安典編『新信用組合読本』(1978・金融財政事情研究会) ▽信用組合小史編纂委員会編『信用組合小史』(1978・日本経済評論社) ▽安田原三著『信用組合の研究』(1978・日本経済評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

信用組合の関連キーワード城南信用金庫[株]信組情報サービス義援金付き預貯金山梨県民信用組合福岡シティ銀行佐久間 友太郎伊藤 長次郎組合系統金融鴨田 利太郎愛野 時一郎小原 鉄五郎整理回収銀行東京共同銀行野瀬 市太郎佐久間友太郎本田 弥市郎エムスリー清水 及衛道源 権治木崎 為之

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信用組合の関連情報