ダニエル シェヒトマン(英語表記)Daniel Shechtman

現代外国人名録2016の解説

ダニエル シェヒトマン
Daniel Shechtman

職業・肩書
物質科学者 テクニオン・イスラエル工科大学特別教授

国籍
イスラエル

生年月日
1941年1月24日

出生地
テルアビブ

別名
通称=シェヒトマン,ダン〈Shechtman,Dan〉

学歴
テクニオン・イスラエル工科大学卒

学位
Ph.D.(テクニオン・イスラエル工科大学)〔1972年〕

受賞
ノーベル化学賞〔2011年〕,イスラエル賞〔1998年〕,ウルフ賞〔1999年〕,グレゴリー・アミノフ賞〔2000年〕

経歴
米国ジョンズ・ホプキンズ大学客員教授、テクニオン・イスラエル工科大学教授を経て、1998年同大特別教授。’82年アルミニウムとマンガンの合金の研究をする中で、固体の第三の状態である準結晶の存在を発見した。発見当初は“結晶構造の神”とも称された権威者ライナス・ポーリングに準結晶の存在を否定され不遇な時代を過ごしたが、ポーリングの死後に研究の再評価が進み、’99年ウルフ賞、2011年ノーベル化学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android