ダニエル シェヒトマン(英語表記)Daniel Shechtman

現代外国人名録2012の解説

ダニエル シェヒトマン
Daniel Shechtman


国籍
イスラエル

専門
化学者

肩書
テクニオン・イスラエル工科大学特別教授

別名
Dan〉 ダン〈Shechtman 通称=シェヒトマン

出生地
イスラエル テルアビブ

学歴
テクニオン・イスラエル工科大学卒

学位
Ph.D.(テクニオン・イスラエル工科大学)〔1972年〕

経歴
米国ジョンズ・ホプキンズ大学客員教授、テクニオン・イスラエル工科大学教授を経て、1998年同大特別教授。’82年アルミニウムとマンガンの合金の研究をする中で、固体の第三の状態である準結晶の存在を発見した。発見当初は“結晶構造の神”とも称された権威者ライナス・ポーリングに準結晶の存在を否定され不遇な時代を過ごしたが、ポーリングの死後に研究の再評価が進み、’99年ウルフ賞、2011年ノーベル化学賞を受賞した。

受賞
ノーベル化学賞〔2011年〕 イスラエル賞〔1998年〕;ウルフ賞〔1999年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android