コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルガス Enrico Mylius Dalgas

2件 の用語解説(ダルガスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダルガス【Enrico Mylius Dalgas】

1828‐94
デンマークの軍人,デンマーク・ヒース協会初代会長。デンマークに1782年に移住したフランス系の家系に生まれ,1853年北ユトランド,ビボーの軍道敷設隊の工兵中尉に任官,56年大尉に,80年中佐となる。ビボー在勤中にユトランドの土壌を熟知し,66年オーフスで友人らとともにヒース協会を設立し,ヒース地帯の開墾に力を注いだ。日本での知名度は高いが,仕事の内容については疑問の点も多い。【村井 誠人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルガス
だるがす
Enrico Mylius Dalgas
(1828―1894)

デンマークの軍人、デンマーク・ヒース協会創立者。1782年にデンマークに移住したフランス系ユグノー派の家系に生まれる。1848年軍務につき、53年北部ユトランドにあるビボーの軍道敷設隊の陸軍中尉(工兵)に任官、56年大尉、80年中佐となった。ビボー在勤中にユトランドの土壌を熟知し、植林事業を手がけていた司法官モービレGeorg Morville(1817―1904)と交際、66年3月オーフスrhusでモービレらと「デンマーク・ヒース協会」を創設し、ダルガスはその死まで会長を務めた。ヒース地帯の開墾、用・排水路建設による森林育成、講演活動や貧農の生活向上などの成果により、彼の名は広く知られた。わが国では、内村鑑三の『デンマルク国の話』(1911)以来ダルガスの名はよく知られているが、その内容には疑問の点が多く、とくに「外に失いしものを内にて取り戻さん」ということばは本来ダルガスのものではなく、1872年にホルストH. P. Holst(1811―93)が首都圏の工業化を詩に歌ったものである。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダルガスの関連キーワードダンマルクデンマーク語デンマーク体操ハンマークラビアデンマーク連合王国デンパークハンマー・オブ・エデンフライト・トゥ・デンマークデンマーク温血種 (Danish Warmblood)エヴァソロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone