コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーネビルケ Danevirke

1件 の用語解説(ダーネビルケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダーネビルケ【Danevirke】

ユトランド半島南端をほぼ東西に走る土塁群。〈デンマーク人の堡塁〉を意味し,南すなわちドイツからの攻撃に備えたものである。建設はほぼ3期に分かれる。第1期は730年ころ,シュライ湾南部の両側に位置し,のちに建設される交易地ヘゼビュー(ハイタブ)はこの防衛線より南にある。第2期は9世紀初め,ヘゼビューより南に建設された。第3期は10世紀前半で,ヘゼビューを大きく囲む半円形の壁として構築された。 第2期工事については《フランク王国年代記》の808年の項に,デンマーク人の王ゴトフレドがスリエストルプSliesthorp(ヘゼビュー)に進軍し,ザクセン人に対する境界を防衛すべく東西に走る土塁を築いたとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のダーネビルケの言及

【デンマーク】より


【歴史】
 エルテベレ貝塚など中石器時代の遺跡も知られるが,800年ころに始まる〈バイキング時代〉からデンマークの歴史時代が開始される。デンマーク最初の王たちは自地域の最南に土塁〈ダーネビルケ〉を構築し,交易地ヘゼビュー(ハイタブ)の防衛と祖国防衛に力を注ぎ,この活動の延長上に,王の率いるバイキング活動が存在し,フランク王国とはアイダー川を国境として約定した(811)。やがてイェリングの地で興った王家は,970年ころハーラル青歯王Harald Blåtand(在位935ころ‐985ころ)治下で王国をキリスト教化し,その子スベン1世がイングランドを征服しその王を兼ね(1014),その次男クヌット2世が1016年イングランド王位に就き,18年兄ハーラル2世の没後はデンマーク王を兼ね,さらに28年ノルウェー王にも推戴され,3王国の王となった(これは北海帝国と呼ばれる)。…

※「ダーネビルケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone