堡塁(読み)ホウルイ

デジタル大辞泉 「堡塁」の意味・読み・例文・類語

ほう‐るい【×堡塁】

敵の攻撃を防ぐために、石・土砂・コンクリートなどで構築された陣地。ほるい。
[類語]要塞防塞土塁防塁本塁孤塁堅塁城塞バリケード

ほ‐るい【×堡塁】

ほうるい(堡塁)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「堡塁」の意味・読み・例文・類語

ほ‐るい【堡塁】

銃後(1913)〈桜井忠温一二黄金山外港に面した中腹に、臨時の保塁(ホルヰ)を造り、少口径の砲を据ゑて」

ほう‐るい【堡塁】

〘名〙 敵の攻撃を防いだり、敵を攻撃したりするために、石・土砂・コンクリートなどで構築されたとりで。
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉二「堅固の堡塁を築造せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「堡塁」の読み・字形・画数・意味

【堡塁】ほるい

とりで。

字通「堡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android