コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チウチュワン(酒泉)市 チウチュワンJiuquan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チウチュワン(酒泉)〔市〕
チウチュワン
Jiuquan

中国西北地方,カンスー (甘粛) 省北西部の市。チウチュワン地区の行政中心地がある。チーリエン (祁連) 山脈北麓,ホーシー (河西) 回廊にあり,ペイター (北大) 河に沿うオアシスを中心に発達。中国と西アジアを結ぶ交通路要地で,漢代に酒泉郡がおかれ,隋代には「粛州」と呼ばれた。オアシスではコムギ,アワ,果樹などが栽培される。人口 30万 947 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android