チェコスロバキア文学(読み)ちぇこすろばきあぶんがく

日本大百科全書(ニッポニカ)「チェコスロバキア文学」の解説

チェコスロバキア文学
ちぇこすろばきあぶんがく

現在のチェコ共和国、スロバキア共和国の地で、初めて文学がおこった9世紀の大モラビア国、それに第一次世界大戦後の第一共和国、さらに第二次世界大戦後の社会主義時代と、チェコとスロバキアはチェコスロバキアとして一つの国を形成していた。そして、その文学はスロバキア語が文語として確立する以前にはチェコスロバキア文学として扱われてきた。

 チェコスロバキアの文学では伝統的に18世紀までを古代チェコ文学とよび、以後を現代チェコ文学とよぶが、スロバキアで本来の意味のスロバキア文学がおこったのは18世紀末からで、それ以前はチェコ文学と区別なしに取り上げられている。

 1993年、両共和国は平和裡(へいわり)に分裂し、その後はチェコ文学とスロバキア文学は独立したものとなっている。

千野栄一

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android