コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェシャ猫 ちぇしゃねこCheshire Cat

知恵蔵miniの解説

チェシャ猫

ルイス・キャロルの小説『不思議の国のアリス』に登場する架空の名前。耳まで届く大きなニヤニヤ笑いを常に浮かべており、人語を話し、体が消えたり現れたりする。1865年に登場して以来現在に至るまで、本書を元にした映画やマンガなどでは欠かせないキャラクターであり、他作品でもパロディー化されて登場するなど、世界的に有名な猫である。また、本書の第6章「豚とコショウ」に登場した折は、体が消えていき笑いだけが残る「猫のない笑い」となったが、この場面は物理学論理学、心理学ほかにおける寓話・解説例などとして盛んに取り上げられている。

(2013-3-19)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

チェシャ猫の関連キーワードムジカ・ポプラール・ブラジレイラルイス・キャロル

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェシャ猫の関連情報