コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェジュ(済州)市 チェジュCheju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェジュ(済州)〔市〕
チェジュ
Cheju

韓国,チェジュ島の北岸にある市。チェジュ道の道庁所在地。 1955年市制。道内唯一の開港場で,近海漁業も盛ん。溶岩台地の末端部の湧泉地に発達。島の人口の3分の1以上が集中する政治,経済,文化の中心地で,観光基地としてもにぎわっている。本土のプサン (釜山) 市,モクポ (木浦) 市,ヨス (麗水) 市との間に定期船が通い,ソウル市,プサン市,クアンジュ (光州) 市との間に定期航空路がある。面積 254km2。人口 23万 2678 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェジュ(済州)市の関連キーワードチェジュ(済州)島三姓穴龍頭岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android