開港場(読み)カイコウジョウ

大辞林 第三版の解説

かいこうじょう【開港場】

外国貿易のための港。条約または法令により、通商・貿易のために外国船に開放されている港。かいこうば。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かいこう‐じょう カイカウヂャウ【開港場】

〘名〙 条約または法令で、外国との通商、貿易を許された港。かいこうば。
※寄合ばなし(1874)〈榊原伊祐〉初「別して開港場(カイコウジャウ)などでは、ペケさらんぱんなどの、根元もわからぬことばが出来て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android