コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木浦 モクホ

8件 の用語解説(木浦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もくほ【木浦】

モクポ

モクポ【木浦】

大韓民国南西部、全羅南道港湾都市。もと、水軍の要港の木浦鎮。交通の要地にあり、農水産物の集散地。綿実油を産する。もっぽ。

もっぽ【木浦】

モクポ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木浦【もっぽ】

韓国,全羅南道西部の務安半島の突端にある港湾都市。日本の植民地時代は,日本向けの米の積出港でもあった。干満の差が激しく,また栄山江の土砂の流入で大型船の接岸は不可能であったが,改修の結果3000トン級の船が横付けできるようになった。
→関連項目全羅南道麗水

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

もっぽ【木浦 Mokp‘o】

韓国,全羅南道南西部の黄海沿岸の都市。人口23万0957(1995)。務安半島西端に位置し,大田と結ぶ湖南線の終着駅があり,前面の海上に散在する数百の島々への海上交通の拠点をなす。李朝時代には水軍の基地が置かれた。1897年に開港し,背後の湖南平野に産する米,綿花の日本への輸出港として発達したが,現在は陸地の農工産物,島々の水産物を交換する商業都市の性格が強い。栄山江の河口をなす木浦湾の大半はせきにより淡水湖化され,周辺農村の水不足解消に利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モクポ【木浦】

韓国の南西部、黄海に面する港湾都市。水産加工業が盛ん。米・綿花の集散地。朝鮮王朝時代、木浦鎮とよばれ、水軍の要地。もくほ。もっぽ。

もっぽ【木浦】

モクポ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木浦
もくほ / モクポ

韓国(大韓民国)、全羅南道の南西端に位置する港湾都市。面積47.06平方キロメートル、人口25万0336(2000)。1897年に開港し、1910年木浦府となり、49年木浦市になった。日本の長崎と中国の上海(シャンハイ)との中間に位置するため、19世紀末ごろから列強諸国の関心を引いた天然の良港である。水陸交通の便利と農・水産物を背景にして工業が発達しているが、とくに豊富な労働力も木浦市工業発展の主要立地条件になっている。造船、磁器、醸造、製鋼、ゴム、メリヤス、繰綿などの工業が盛んである。漁港、旅客港の機能も重要で、木浦―済州島間は3000トン級のカーフェリーが、木浦―紅島間には快速艇が運航する。第二次世界大戦前は米と綿の輸出港であった。儒達山(228メートル)は市民の公園であり、その東斜面には彫刻公園もある。[張 保 雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木浦の関連キーワード錦江黄海南道全羅南道全羅北道檜山光州事件蔚山光州群山順天

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木浦の関連情報