コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェツマル Chetumal

1件 の用語解説(チェツマルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チェツマル【Chetumal】

メキシコ東部,ユカタン半島キンタナ・ロー州の主都で港湾都市。旧名パヨ・オビスポ。人口約4万。ベリーズとの国境をなすオンド川河口に位置する。1899年,木材の不法伐採,密輸を禁ずるため建設された。気候は高温多雨で,しばしばハリケーンに襲われる。セルバ地帯にあり,林業およびゴムのプランテーションが主要な経済基盤で,関連工業がオンド川左岸に立地している。メキシコ国内および国外との交通はおもに海路と航空路による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チェツマルの関連キーワードメキシコ湾ユカタン半島カンクンコスメルコフンリッチ遺跡シェルハシカレトゥルムプラヤデルカルメンマヤパン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone