チェツマル(英語表記)Chetumal

世界大百科事典 第2版の解説

チェツマル【Chetumal】

メキシコ東部,ユカタン半島キンタナ・ロー州の主都港湾都市。旧名パヨ・オビスポ。人口約4万。ベリーズとの国境をなすオンド川河口に位置する。1899年,木材の不法伐採,密輸を禁ずるため建設された。気候は高温多雨で,しばしばハリケーンに襲われる。セルバ地帯にあり,林業およびゴムのプランテーションが主要な経済基盤で,関連工業がオンド川左岸に立地している。メキシコ国内および国外との交通はおもに海路航空路による。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android